コカコーラ株は魅力があります。

子供からお年寄りまで馴染みがある炭酸飲料の1つがコカ・コーラです。

 

19世紀にアメリカで発明され販売が始まり、日本でも大正時代に輸入されて販売を開始しました。現在はコカ・コーラの日本子会社が販売をしており、ダイエット向けのものなどバリエーションが豊富になっています。

 

日本では2つのコカ・コーラ株があり、どちらも東証一部上場企業になっています。そのため株主優待制度と配当金があり、企業だけでなく個人投資家も株を購入することができます。

 

コカコーラ株のうち1つ目は、コカ・コーライーストジャパンという株式会社です。
コカ・コーライーストジャパンの株を購入して権利確定日に株を所有していた場合、100株以上500株未満の株を持っていたときは、コカ・コーラの製品12本、約1440円相当をもらうことができます。500株以上を持っていたときは、同じくコカ・コーラ製品24本、約2880円相当の商品をもらうことができます。

 

配当金は中間配当と期末配当があり、2016年度は中間配当が1株あたり16円、期末配当が1株あたり16円になっています。そしてコカコーラ株はコカ・コーライーストジャパン(株)の他に、コカ・コーラウエスト(株)があります。コカ・コーラウエスト(株)も株主優待制度を導入しており、配当金制度も取り入れています。

 

コカ・コーラウエスト(株)の株主優待制度は、100株以上を保有している期間が3年未満の時は45ポイント、3年以上保有しているときは75ポイントが付与されます。ポイントは1ポイント60円相当の価値があり、ポイント数に応じてコカ・コーラ社製品の詰め合わせをカタログや優待特設サイトから選べるようになっています。

 

500株以上3年未満は600ポイント、3年以上は105ポイント、そして1000株以上や5000株以上保有しているときは、さらに付与されるポイント数が高くなるので、株主優待として選べる商品の幅が広がり、より豪華なものを受け取れるようになっています。コカ・コーラウエスト(株)の配当金は、2011年から2015年まで、1株あたりの年間配当が41円になっています。

 

保有している株が多ければ多いほど受け取ることができる配当金が増えます。コカコーラ株には2種類ありますが、それぞれお得な優待制度と配当制度が整っているのが魅力です。どちらも東証一部上場しているので、証券会社を通して株を購入することができます。

ここがお勧めのネット証券!

 

GMOクリック証券

取引手数料が極めてリーズナブルなネット証券です。証券業界の中においても1位、2位を争うレベルなのです。どちらかと言えば投資経験がある個人投資家向けのサービスが多いです。また、特徴のあるは株式投資ばかりか、FXやバイナリーオプション、先物といった取り扱いも多めです。相互の商品間での自己資金のやり取り等もスイスイと可能なので色々な投資を行いたいという人にいいです。

 

≫GMOクリック証券の口座開設はこちら

楽天証券

楽天証券は、野球でも有名なので知らない方はいらっしゃらないでしょう。取扱商品も豊富で、格安の取引手数料なので、お勧めです。初心者で、心配な人のために1,000円から投資できる、投資信託「ミニ積立」というのもありますので、入りやすいかなと思います。

 

楽天証券の口座開設はこちら≫≫

コカコーラの歴史

コカコーラは1886年アメリカジョージア州アトランタで生まれました。薬剤師のペンバートン博士が発見した新しい飲み物です。博士は頭痛の薬を開発しようと、鍋の中に水、砂糖、コカの葉、コーラの実などを入れ煮詰めて茶色いシロップを作りそれを売り出しました。これが始まりです。名前は原料のコカとコーラの実のコーラをつないで経理担当者のロビンソンが名付けました。

 

最初は、コカコーラの美味しさを味わって欲しいとペンバートン博士は無料試飲クーポンを作り販売促進に努めました。

 

1892年、製造販売権を買い取ったキャンドラーがザ コカコーラ カンパニーを設立し、販促活動を展開しました。その結果、1895年にはアメリカ全州で販売されるようになりました。それにより、アメリカの国民的飲料となったのです。

 

1906年にはアメリカ国外で始めて瓶詰め工場が作られ、1929年までには28カ国で製造されるようになりました。

 

1923年には、「いつでも、どこでも、だれにでも」提供するために6本入りカートンが発売され、家庭での人気を得ました。

 

1928年のアムステルダムオリンピックで始めて販売され、それ以降オリンピック支援が始まりました。

 

1931年、クリスマス用広告にサンタクロースとともに登場し、白いあごひげの陽気な紳士というサンタの姿がイメージとして定着しました。

 

1953年には、ガソリンスタンドに備え付けのクーラーボックスの代わりに自動販売機が登場し、ドリンクのセルフサービスが可能になったのです。

 

1950年にはタイム誌に特集され、また1960年にはいよいよ缶入りが登場します。更に、1964年には初のプルットップ式が発売され、缶切り不要の手軽さで人気を得ました。

 

1972年アムステルダムオリンピックでは公式飲料と認定されるにいたり、1978年には中国でも発売が許可されたのです。

 

健康志向が高まった1982年にはダイエットコカコーラが発売されました。発売100周年の1986年には世界中でいろいろな催しが行われました。

 

1993年、ポーラーベアが広告に初登場し、それ以降広告シンボルとして愛される存在となりました。2006年には発売120年を迎え多くのイベントが開催されました。

 

日本での歴史は大正時代に入ってはきたものの、今の物が作られ始めたのは1957年日本飲料工業株式会社というところが最初です。それからは、アメリカのものと同じ物が作られるようになりました。テレビのCMや東京オリンピックに協賛したことにより知名度が上がり、誰からも愛されるようになったのです。